お薬の話いろいろ

お薬の話いろいろtgcdonations.org

顔のとびひ

大学生のころ、急に顔が腫れだしたことがありました。まつ毛育毛剤ルミガン
ちょうど上唇の辺りでした。最初のうちは、ただひりひりするぐらいでした。クラミジア症状
学生生活を送っていた下宿から実家に帰省する途中のできごとでした。ニキビに効く薬
移動の車内で弁当をほおばっていたので、から揚げにかかっていたケチャップがちょっと辛かったのかな、と気軽に考えていました。プロペシア通販
ところが実家に戻っても、腫れがひくどころか、じんじんと痛みます。そして翌朝、口の回り全体が赤く腫れ上がっていたのです。美白美容液ランキング2014

 

不安になり、故郷の皮膚科を受診しました。
それまで皮膚科で診察を受けたことがありませんでした。

 

意外だったのは小さい子供が多いことでした。なかなか順番が回ってきませんでしたが、その間にも、口のあたりの痛みがどんどん増していきました。

 

ようやく診察の順番がまわってきました。先生のひとことは「とびひ」ということでした。さらにこうも続けました。レビトラ通販
「最近、山の中に入ったことはなかったか」と聞くのです。バイアグラ通販
  とびひは虫刺されで皮膚が腫れ上がってしまうこと。バイアグラジェネリック
ところが山の中に入ったことも、虫に刺された記憶もありませんでした。バイアグラジェネリック
それにもかかわらず、これほど皮膚が腫れるのはなんとも不思議でした。バイアグラジェネリック

 

皮膚科では塗り薬をもらい、患部にガーゼをはってもらいました。
結局、故郷の友人と会う約束はキャンセルせざるをえませんでした。

 

顔にガーゼを張った状態で人前に出る気持ちにもなれず、アルコールや刺激物を口に入れてしまっては、皮膚の腫れが悪化しそうな気がしたからです。
腫れが収まったのはそれから1週間くらいしてからでした。友人との集まりはキャンセルできても、大学の授業を休むことはできません。

 

口の辺りがまだうっすらと赤いままでしたが、大学に向かいました。あれから「とびひ」にかかったことはありませんでしたが、いまだに原因はわかりません。ひょっとしたら下宿が山の近くにあったので、寝ている間にでも虫に刺されてしまったのかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ